HDDケースや外付けハードディスクなど

HDD、ハードディスクケースのことならMARSHAL株式会社 | マーシャル
HDDオンラインショッピングサイト ハードディスク激安市場

サービス

データ消去サービス




個人情報保護が重視される中、使用済みパソコンによる情報漏えいが大きな問題となって
います。ネットワーク経由による情報漏えいには注意を怠らない企業でも、廃棄パソコンに
格納された情報には目が行き届かないことが多く、これを専門に狙う犯罪も増えています。
HDDをはじめとする記憶装置は、ユーザーがデータの消去処理を行っても、メディアに磁気
的な信号が残っていることは広く知られています。長年使ったパソコンのHDDには消去済み
の膨大なデータが蓄積されており、これらを復元することは難しいことではありません。




そこで使用済みのパソコンを廃棄する際には、HDDに蓄積されたデータを消去する作業が必要です。

電子情報技術産業協会(JEITA)によるパソコンの廃棄・譲渡時におけるHDD上のデータ消去に関するガイドラインにも「HDD内のデータ消去というのは、あくまでもユーザー責任である」と銘記されています。

つまり、廃棄したパソコンから個人情報が漏えいした場合、その責任はそのパソコンを使って
いたユーザーにあるということです。このような情報漏えいを防止するために、さまざまな
「データ消去サービス」が行われています。




データを消去するには、以下の3種類の方法があります。

    (1)専用ソフトによってHDD全体を固定パターンなどで

    1回以上上書きして塗り潰すことによってデータを消す方法。

    (2)専用装置によって電気的・磁気的にメディアを塗り潰す方法。
    (3)HDDに対して物理的な破砕を行う方法。。

この3種類の方法の中、最も安全確実なデータ消去方法が(2)とされています。
(1)では1回の消去では万全ではない場合があり、(3)の物理的な破砕でも、メディアに穴を
開けることや叩き割るなどのレベルでは、破片から情報を読み取ることが可能です。

弊社が提供する「データ消去サービス」は、(2)の方法によるデータ消去を実施すること
によって、廃棄パソコンからの情報漏えいを防止するものです。




MARSHAL株式会社が実施する「データ消去サービス」は、データ消去装置「MagWiper / MW-30000X」を使用して、 安全・確実に責任を持ってお客様のデータを消去します。

データ消去装置「MagWiper / MW-30000X」は、

世界で初めて磁気データ消去装置として 斜め磁化システムを搭載し、従来タイプの磁気データ消去装置に比べて、150%の効率化を実現しました。垂直磁気記録方式のハードディスクの完全消去に対応しています。

ハードディスク以外にも、テープ(LTO、DATなど)、フロッピーディスクなどの磁気記録メディアを一度にまとめて瞬時(0.1秒)にデータ消去します。

「MagWiper / MW-30000X」は、磁気データ消去による、データ完全消去は記録容量に関係なく一瞬でデータ消去が完了するので、大量のハードディスクの消去処理が短時間で行え、情報漏えい対策にとても有効です。




対象メディアB4ノートパソコン(B4以下のサイズ)、
ハードディスク(厚型ディスクも可)、
OpenReel、LTO、DDS/DAT、DLT、
HDV/DVテープ、DVCAM、DVCPRO、
放送用テープ FPD、CMT、9940、3592、
AIT、VHS、FD 他
ハードディスク
対応記録方式
垂直磁気記録方式、面内磁気記録方式(長手)
蓄電時間25秒
データ消去時間0.1秒
発生磁界800 kA/m(約10000 Oe)
外形寸法・重量550(W)×463(H)×670(D)mm/123kg
チャンバー領域/消去領域315(W)×90(H)×364(D)mm



  • データ消去料金=¥4,000円
  • 輸送費=お客様元払いでお願い致します。
  • 返却媒体費=弊社からの障害媒体の際は着払いとさせていただきます。
  • ※廃棄を希望される場合には別途廃棄費用が発生致します。(廃棄費用¥1,000円/台)


磁気顕微鏡(MFM)による媒体観察




お問い合わせはこちらから